10/18(日)の応用情報技術者試験に申し込みしていますが、全く勉強できていません(‘∀‘)

1日の勉強量としては、過去問道場で過去問を数問~十数問回答できるかどうか程度で、ほぼ無に近い進捗状況です。オワタ

試験まで残り2か月。

向こう1か月はひたすら過去問道場で過去問マラソン、残り1か月は参考書で午後問の対策 といった感じで進めようかと思っております。

午前:直近2回分の試験問題は出ない

応用情報技術者試験ドットコムによると、午前問題のおよそ半分は過去問からの流用問題。

なおかつ、直近2回の試験で出題された問題は出ない というデータもあるとのこと。

応用情報技術者試験ドットコムより

最新の令和元年度秋期試験の出題データをグラフ化したものが↑です。

確かに直近2回からの出題はなく、全80問中46問が流用問題であることが分かります。流用問題についても、直近10回以内の範囲からの出題が多い傾向にあるようです。

つまり、過去問は直近の2回を除く過去10回分 を頭に叩き込むことが合格への近道 ということになりそうです。

私はなかなか時間がとれないため、↑の作戦で午前合格を狙います!

解説に加えて、余裕があれば参考書で知識を補完していきます。ちなみに参考書はコレを買いました。イラストが多くて読みやすそうです。

午後:重点対策シリーズ1冊

午後問題は重点対策シリーズ1冊をちゃんとやれば大丈夫!というコメントを散見したので、買いました。

記述式であることに加え、分野を選択しての回答となるため、あらかじめどの分野で勝負するか的を絞って対策する必要がありそうです。

おすすめの記事